アパレルバイトは大変できつい?顔採用の噂は本当か?

魅力いっぱいのアパレルバイトだけど・・・

バイトをする上でアパレル業界を選択する事は、オシャレを心がけたい人にとっては好都合といえるでしょう。まず最もメリットといえるのが、毎日自分の目で今何がトレンドであるのかを目の当たりにする事が出来るからです。

 

特にこの業界で企業実績を伸ばしている会社であれば、言わずと知れた業界最先端の流行を取り入れており、アルバイトでも今何を求めているのかをしっかりと学ぶ事が出来ます。

 

またこの業界で働く従業員は、やはりオシャレに対して貪欲である為、普段の生活の中からも勉強になる事が多いでしょう。そんな魅力たっぷりのアパレル系バイトですが、ブラックできつい、辛いという噂や顔やスタイルで採用を判断しているというなども耳にします。

 

そこで関連した情報をまとめて掲載してみましたので、アパレルバイトを考えている方は参考にしてみてください。

 

 

気になる顔採用ってあるの?

 

顔採用がアパレルバイトには多いという噂もありますが、実際は全然気にしなくても大丈夫です。面接で何度も落ちたので顔で決めているのでは?と疑ってしまうかもしれませんが、基本顔で決めることって殆どないです。

 

容姿よりも他の部分をまず先に重視します。ブランドイメージに合っている、などこの辺りがポイントとなりますので、顔に自信がなくてもOK。他にもお店側が融通が利きやすい人を積極的に採用している、などお店によって重視する所が違ったりもします。

 

ですがアパレル以外の業種でもそうですが、一部の店舗などは顔で判断しているケースもありますので、一概に顔採用は無いとは言えません。ですがそのような事を気にしていても先に進めませんので、もしアパレル関連のバイトをしたいのであればどんどん面接を受けてみましょう。

 

アパレルショップの仕事内容は?

アパレルショップの仕事内容は、ただ接客して服や小物を売るだけではありません。接客するにも様々な知識や経験が必要になるので、それを学んでいくことも仕事のひとつです。では具体的に見ていきましょう。

 

接客

ショップで行う接客は、流行りの紹介やコーディネートのアドバイス、裾直しの依頼や試着室の案内など様々です。また、お客さんの中には接客を苦手とする人もいるので、そういう人を見極めるスキルも大切になってきます。

 

洋服を販売するだけと思われがちですが、来店してくれた人に対して明るく接客します。

 

商品整理

来店した人が気持ちよく洋服を選んでもらえるように、乱れた洋服を畳み直したりと、商品の整理を行うことも仕事の一つです。最初のうちはこの商品整理が難しく感じることがあります。それは「衣類を畳むのが難しい」という理由です。

 

ですがこの件についてはそこまで問題ございません。誰でもすぐに慣れますので、50着もたためばスムーズにこなせるぐらいのレベルになっているでしょう。

 

商品管理

勤務期間が長くなってくると、発注、仕入れなどの在庫管理やシフト表の作成、目玉商品の決定などを任せられることもあります。そのため、常に流行りを追うことはもちろん、経営についても少しずつ学ぶことが大切です。

 

そのほかにも仕入れた商品の検品作業を行ったり、タグをつけてディスプレーしたり、マネージャーや店長にもなると商品管理だけでなく、スタッフの教育や管理、毎月の売り上げ管理など店舗の運営に直接かかわってくるため、大きな責任を負うことにもなります。

 

レジ打ち

レジ打ちも基本バイトが行います。レジは食品レジなど専門的なレジではなく、単純なレジがほとんどなので操作など難しいと感じることは少ないと思います。

 

最初はお金を扱うレジ打ちに苦労する可能性もあります。またレジ締めなどもバイトがするケースが多いですが、そこまでハードルは高くないのであまり考えないでいいです。

 

レジ締めなどは教わったことをメモしておくと役立ちますので、メモをとることをお勧めします。

 

掃除

 

店内や店外の掃除をします。細かい所ですとトイレや試着室の掃除なども含まれます。一番簡単なお仕事と言えます。また「埃を取る」作業も必要です。

 

衣類から出る埃はかなり凄い量ですので、棚など知らないうちに埃が多くなっています。このような埃などもしっかりと掃除をすることが必要です。

 

このように一見単純そうに見えるアパレルショップの仕事は、実際には様々なことを行っています。

 

アパレルバイトの時給って安い?

憧れのショップで華やかな洋服を着こなして接客をしてくれる店員を見て、私もバイトがしたいと思っている人も多いでしょう。ショップによって異なりますがパートやアルバイトであれば時給となっており、一般的な時給は800〜1200円と幅広くなっております。

 

逆に正社員や契約社員であれば20万円前後と、オフィス勤務の事務職と同じくらいの水準となっています。スタート時は最低ラインの時給からスタートして、経験を積んだり成果が認められていくことで、時給がアップしていったり契約社員や正社員へとステップアップしていくこともできます。

 

また一般的にアパレル店員はバイトであっても、店舗で勤務する場合は自社製のアイテムを身に着けるケースがほとんどです。ブランドにもよりますが、自社アイテムの購入が義務づけられている場合もあるので、時給や給料を考える際にはその費用を考慮する必要もあります。

 

アパレルバイトにノルマの設定はある?

アパレルのバイトと言えば噂の一つに「ノルマ」があります。ノルマがきついなど聞いたことがありませんか?実は、実際バイトではノルマを設定していることは少なく、無いケースがほとんどです。

 

ただし社員さんなどはノルマがあったりするケースもあります。ノルマという言葉ではなくあくまで売上目標と捉え、万が一達成できない場合でもペナルティが一切ないというお店もあります。

 

しかし売上目標に達しなかった場合、上司から愚痴を言われたりするのが嫌で、達成できない時は自分でお店の服を購入するという人もいるようです。

 

実際に働き始めてから後悔しないためには、働くことを決める前にそのお店がノルマをどのように考えているのか、しっかりと確認しておくことが重要といえます。

 

基本アルバイトなら気にしなくてもいいでしょう。後に社員などなりたいと思う方などはある程度売り上げなどを意識しておくことも考えておいた方がいいかもしれません。

 

アパレルバイトをするメリットって一体?

学生の方ですと学費や生活費を稼ぐためにバイトをしている方はたくさんいます。その中でもアパレル系のバイトをしたいと考えている方で、バイトをすることでどんなメリットがあるか気になるという方は多いのではないでしょうか。

 

そこでで得られるメリットについていくつか紹介していきます。まず一番のポイントとして、ショップで働くことで、社員割引が適用されるという点です。ほとんどのお店で社割が使えるようになります。普段から着る服をお得に購入することができます。

 

おしゃれを楽しみたい学生にとって、洋服代を大幅にカットできるのは大きいでしょう。そして様々な商品に触れることができるので、センスが磨かれるためにファッションにおける自身の成長も見込めます。

 

例えバイトとして働いても、お客様から見れば「店員さん」ですので、お手本ともなるコーディネートを意識する必要があります。バイトを続けていると自然とセンスが磨かれ、時にはお客様からも刺激を受けられるなど、ファッションを存分に楽しめる日常を送れることでしょう。

 

また将来的にアパレル関係の仕事に就職したいという方もアルバイトはお勧めです。ファッションのコーディネートや接客の仕方も学べるため、自分のスキルアップのためにも良いでしょう。

 

逆にアパレル業界の就職を考えていない方も、接客の仕方や社会人としての働き方やマナーを身につけることができるので、検討しても良いかと思います。

 

また飲食業などピアス禁止・ネイル禁止・髪型は短い髪型で、とアルバイトでも厳しい条件があったりしますが、ショップ店員の場合はこれらすべてOKというケースも良くある話です。

 

髪型やネイルなどが自由というショップなど、求人サイトを見てみると比較的出てきます。おしゃれを思いっきり楽しめるのも、アパレルバイトならではのメリットとなります。

 

逆にアパレルバイトのデメリットとは

好きなブランドのショップに働くことができるので、メリットだけしかないと思いがちですがデメリットもあります。

 

服の費用がかかる

 

例えばバイトしているブランドの服を着なくてはいけない場合、基本服は支給されるという訳ではなく、自腹で購入する必要があります。

 

当然ですが定価で購入するのではなく、社割で購入できるのですが、ブランドショップの場合はそれでも1着の値段が高くなってしまうのです。

 

また1着を使いまわすというのも嫌に感じますので、複数購入するのですがどんどん服代に費用がかかってしまうのです。

 

立ち仕事が辛い

 

基本仕事に関しては立ち仕事となるので、ずっと立ちっぱなしとなります。さらに靴などもおしゃれな靴を履いたりしますので、足が疲れたりします。

 

想像以上に肉体労働で華やかな職場であるイメージが強いですが、現場はかなり身体を使う作業があります。服の陳列、ディスプレイの運搬、服の入れ替え、お客さんとの接客中は常に立ちっぱなし。

 

接客は勤務時間の大半を占めるため、一日中棒立ちになる日も多く、単純におしゃれ着が好きだからという理由でバイトをすると、なかなか厳しい実情にぶつかります。

 

空気が悪い

 

店内は冷暖房がガンガンに効いており空気が乾燥しがちで喉をやられるケースが多々あります。また人の出入りが激しいので、風邪をうつされるということも。

 

このように一見華やかに見えるアパレルバイトは、意外と大変な面もあるのです。

 

アパレルバイトは平日が休みになる?

アパレルでバイトをしたいと考えている人も多いのでしょうが、休日に関して悩みを抱えているといったケースも珍しくありません。

 

やはり大きな理由の一つとして「土日祝」は出勤というのが基本となっています。アルバイトでも出勤して欲しいと言われるケースがほとんどです。

 

お正月もそうですが、皆が休みの時に休めないというのがアパレル業界です。休みですがバイトの場合シフト勤務のパターンが多く、シフトを組んで順番に休んでいくというシステムになっている場合が多いです。

 

もちろん平日が休みのメインとなります。また急な休みを取りたい場合、常時十人前後で勤務しているような規模が大きな店舗であれば、ある程度の融通が利く場合もありますが、小さな店舗の場合はそういうわけにはいきません。

 

どうしても休まなければならない事情があるなら、誰かと交代という形になることがほとんどです。いずれにしても希望している日に休みが欲しいのであれば、最低でも該当する日の一週間前までには申し出ておきたいものです。

 

アパレルバイトの面接対策

アパレルバイトの面接を受けるときは、なぜこのショップでバイトをしたいのか、またファッションに対する自分の考え、自分がバイトをしてどう貢献していけるのか、自分のアピールポイントをしっかり相手に伝えることが大切です。

 

そして服装には十分に気を遣うべきでしょう。気を遣うといってもおしゃれを意識しなくてもOK。ショップの雰囲気に合っているかどうかをチェックされるケースが多いので、雰囲気の良い服装を選ぶ必要があります。

 

またその他注意しておきたいポイントなどを紹介します。

 

良く聞かれる質問とは

アパレルでは特徴のある質問が多く、どのような職種でも基本となる志望動機はもちろんですが、やはり好きなブランド等聞かれるケースが多いです。

 

着ている服装もしっかりとチェックされるのですが、共通点として多いのが着ているブランドや好きなブランドが応募したショップで販売している、または同じジャンルを取り扱っている場合は好感が持たれやすいようです。

 

大手の場合でも同様であり、好きなブランドや服装は意外と重要な要素となります。次に重要になるのが接客や販売の経験の有無になりますので、ここもしっかりとチェックされます。

 

接客や販売の経験があるかどうか聞かれたに素直に答えるのが正解であり、未経験の場合でも熱意を伝えることが大事です。

 

応募したショップやブランド以外にも好きなブランドがあるかどうか聞かれることがありますが、これはライバルを知っているか、アパレルの知識があるかどうかを見ていますので、事前にブランドについて勉強したりするといいでしょう。

 

社員となるとまだまだ細かい様々な質問に答える必要がありますが、アルバイトですとそこまで深く聞かれない事が多いです。他には土日出勤は可能か、など出勤日や時間帯などを聞かれます。(シフトなど)

 

一番悩む面接の服装について

バイトの面接に何を着て行けば良いのか悩んでしまいがちですが、特にアパレル関係のバイトであれば、リクルートスーツのようなきちっとした着こなしではなく、きれいめな普段着で大きな問題はないと考えられます。

 

服装選びのポイントとして挙げられることは、先ほども書きましたが自分が働きたいと希望しているお店の雰囲気がどのようなものかを考慮することです。

 

例えばシンプルな服を数多く取り扱っているような雰囲気のお店に、あまり奇抜な個性的過ぎる服装は敬遠されてしまう可能性が高くなります。

 

そのお店の服をわざわざ購入して着る必要もありませんが、自分がお店の雰囲気に合っているということを採用する側へアピールすることが重要といえます。

 

最も大事なことはその人に似合っているかどうか、清潔感があるかどうかといったことだと考えられます。また帽子をかぶったまま面接を受けることは失礼になるので注意する必要があります。

 

履歴書はしっかりと書こう

まずはなんといっても「働く」という意思を見せるように、履歴書をしっかりと書くべきです。アパレルバイトでの仕事で特別な資格やスキルはいらず、また接客初心者でも働くことは可能です。

 

それゆえ履歴書で他の人と差をつけるために、志望動機はしっかりと述べましょう。例としては、常にオシャレな服をお客さんに届けたい、接客を通して自分自身も成長したいなどといったアピールが良いでしょう。

 

また自分がバイトなどで加わることによって、どんなメリットをもたらしてくれるかを記載すると、なお印象が良いです。趣味や特技はできるだけ明るいものや、団体で行うものが好ましく、明るく元気にかつチームプレーを大切にできることをアピールするのもいいですね。

 

履歴書は必ず正直に書くようにし、虚偽の記載は行わないようにしましょう。